スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改暦とバイカレンダー

Calender
05 /21 2018
最近、「エセ伝統」が問題沙汰されていますし、明治政府の歴史的評価が問われています。
3月3日のひな祭り、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕も、明治に生まれた立派な「エセ伝統」です。
そこで、「改暦」とは何か、「暦の併用とは何か」という問題を紐解いてみましょう。

我々が使っている世界共通の暦は、グレゴリオ暦で、その制定は紀元前1世紀にユリウス・カエサルが1年を365日とした太陽暦である。
しかし、この暦も1600年も使い続けているうちに、季節が10日程ずれてきてしまった。(春分を3月21日と決めていた)
その為に、1582年、グレゴリウス13世の元で、そのずれを修正した改暦がグレゴリオ暦である。
カレンダーをソフトウェアに例えると、アップデートである。
calendar_update.gif


日本で明治以前に使われた旧暦は、中国で作られた暦を602年に百済から伝授した物である。
朝廷の公式カレンダーとして5回のアップデートがありました。
所が、862年に採用された宣明暦は、832年間もアップデートされずに放置されました。
朝廷の力が弱まると、各地でばらばらのバージョンが使われ、月齢や閏月の入れ方に狂いが生じていました。
例えば、本能寺の変が起きたのは6月2日でしたが、新月で日食がありました。
そこで、渋川春海が1685年にアップデートしました。

それに対して、明治の改暦はアップデートではない。
それまでの旧暦を「廃止」して、一年の始まりも基準も全く違うグレゴリオ暦に上書きしたものだ。
その為に、例えば、七草粥をグレゴリオ暦の1月7日に合わせて温室で無理矢理育てた春の七草をスーパーに出荷するという、理に叶わぬ慣習を生んでしまったのだ。
本当の七草粥は立春過ぎてからである。
calendar_overwright.gif


暦をグローバルな視点で考えると、「バイカレンダー」即ち暦の併用である。
例えば、中国や韓国では、公式にはグレゴリオ暦、年中行事は旧暦という使い分けをしている。
アラブ諸国では、純太陰暦のイスラム暦(ヒジュラ暦)では季節を感じる事が出来ないので、グレゴリオ暦を併用している。
つまり、複数のソフトウェアを併用するのが当たり前である。
bicalendar.gif

日本も旧暦を「昔の暦」ではなく「自然の摂理に合致したエコな暦」として 本当の季節感を味わう、そんな社会になって欲しいです。

参考文献

コメント

非公開コメント

yokoWildChild

エンヤのナンバー、ケルト神話、トールキン系ファンタジー、友人のアート作品等を
モチーフにしたキルトを創っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。