スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の種族ロクシャン"Loxian"

Enya
01 /07 2016
エンヤの楽曲の中に、"ロクシャン"という人造語で歌われた曲がある。
これは、作曲されたメロディーに対して、英語でもゲール語でもしっくりこなかったので、トールキンのエルフ語に倣って架空の言語を造りだしたものである。
この"ロクシャン"が初めて登場したのが、2005年のアルバム"Amarantine"。

"Less than pearl" "The River sings"は"ロクシャン"の探求、"Water shows the hidden heart"は地球の記憶を捉えた一人の男の物語である。
それから10年、アルバム"Dark Sky Island"で、"ロクシャン"が再び登場。
”The Forge of the Angels"は、宇宙船"エンジェルズ"に乗って旅をする曲。
この旅は、アルデバラン(おうし座α)から始まり、地球に似た惑星を目指すという物語。
そして、"Loxian Gates"は、彼らが後にした地球の四季の思い出に浸り、彼ら自身の四季を語っている。

さて、この"ロクシャン"とは一体何者なのであろうか?
「"ロクシャン"は我々の末裔であり、我々は失われた祖先なのです。彼らは一つだけ我々と共通点があります。その始まりと終わり、存在理由、そして宇宙には本当に自分達しか存在しないのか、といった回答と真相を永遠に探し求める所である。」

そこで、"ロクシャン"は地球生まれで、宇宙の彼方に移住した種族なのだろうか?
そこには、ケルトの来世感が感じとられる。
アルデバランは、ケルト人にとって、サウィンの日没とともに昇ってくることから、新天地の目印である。
そして満月がおうし座に入ると、新天地への扉が開かれるという。
その新天地とは、死後の世界、或いは来世である。
ク・ホリンを始めケルトの多くの英雄がサウィンに死んでいる、ということは、新天地へ旅立ったということを物語っている。

肉体は、「魂の箱」であり、死ぬと、魂が肉体から離れて、宇宙を漂う。そして、新たな肉体に宿る。
それは、地球外生命体なのかもしれない。
「地球を記憶したロクシャン」とは、前世の記憶である。



コメント

非公開コメント

yokoWildChild

エンヤのナンバー、ケルト神話、トールキン系ファンタジー、友人のアート作品等を
モチーフにしたキルトを創っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。