トゥアン・マック・カリル Tuan Mac Carill

Celtic Design
04 /22 2013
トゥアン・マック・カリルは、様々な動物に生まれ変わりながら、アイルランドの国づくりを見届けた男である。

島にパルトローンがやってきた。
彼らは4つの平野と7つの湖を作った。
彼らは子孫を増やしたのち、疫病で死に絶えた。
トゥアンはたった一人残された。

島にネウェドがやってきた。
彼らは12の平野と4つの湖を作った。
その時トゥアンは牡鹿に生まれ変った。
彼らは魔神フォモールと戦い、海に飲まれた。

島にフィルボルグがやってきた。
彼らは鍛冶に長けていた。
彼らは国を5つの地方に振り分けた。
その時トゥアンは猪に生まれ変った。

島にトゥアッハ・デ・ダナンがやってきた。
彼らは雲に乗ってやってきた。
彼らは魔術と技芸に長けていた。
その時トゥアンは海鷲に生まれ変った。

島に人間がやってきた。
その時トゥアンは鮭に生まれ変った。
彼は釣り上げられて料理された。
そして女に食べられ、その子として生まれた。
そして、この国づくりを語った。

大きな画像はこちら

パルトローンとネウェドは農耕神、フィルボルグは雷神である。
トゥアンが生まれ変わった動物は、4大元素を意味しており、牡鹿は大地、猪は火、海鷲は空気、鮭は水を表しているのであろう。
そんなことを考えながら、これらを十字架の形に配列してみました。(75cmx75cm)

参考文献
井村君江「ケルトの神話」ちくま文庫 1990
ジャン・マルカル 金子仁三郎/渡邉 浩司訳 「ケルト文化事典」大修館書店 2002
金子仁三郎 「知っておきたい世界の女神・天女・鬼女」西東社 2008

このキルトのデザインは、この本より引用しました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
関連記事
ケルト神話・初心者にお勧めの本

コメント

非公開コメント

yokoWildChild

エンヤのナンバー、ケルト神話、トールキン系ファンタジー、友人のアート作品等を
モチーフにしたキルトを創っています。