Amarantine

Enya
09 /10 2007
このキルトは2005年春より2年間、JQA会報誌「Quilter's Voice」に連載された花や星のパターンをサンプラーキルトに仕上げた作品です。(170cmx130cm)
明るい感じにまとめたいと思い、赤を入れた配色で作っていましたら、この年の秋にエンヤのアルバム"Amarantine"がリリース、このアルバムをイメージして仕上げてみたいと思いました。

大きな画像はこちら
Amarantine_zoom
 "Amarantine"とはヨーロッパの古語で、永遠の愛、永遠に萎まない花、という意味である。
 アルバムジャケットは元より、ビデオクリップでは、エンヤが真紅のドレスをまとって楽園とも云える森の中で歌っている。
 また、このアルバムには"Loxian"という人造語の曲も収録されている。エンヤ本人の話によるとこれは宇宙人の言語だという。
 
そこで、JQAの会報のパターンであることから「永遠の愛」、花のパターンは「永遠に萎まない花」、星のパターンは「宇宙人の言葉」という意味を持たせて、ラティスとボーダーにはケルト模様をキルティングしてみました。




にほんブログ村

にほんブログ村

続きを読む

yokoWildChild

エンヤのナンバー、ケルト神話、トールキン系ファンタジー、友人のアート作品等を
モチーフにしたキルトを創っています。